ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰について

イメージ写真

ぎっくり腰というのは、「坐骨神経」という腰からお尻、骨盤の中を通って足先まで伸びているものが、途中で過剰な刺激・圧迫を受けて、ふくらはぎや太ももの裏などに痛みやシビレがある症状です。一言でぎっくり腰と言ってもいろいろな原因があり、それぞれに応じた治療が必要になります。

ぎっくり腰の様々な要因

固くお尻の筋肉がなって神経が圧迫されて起きるものから、神経が腰椎の異変で刺激・圧迫されて起きるものまであります。
いろいろな症状が起きますが、ほとんどの場合はレントゲンやMRIの検査では画像上原因が特定できないそうです。そのため、原因を経過や症状を見ながら見極めて改善することが大切になります。

違和感を軽く感じている場合は、運動やストレッチを自分でしている人もいます。
しかし、刺激を過剰に与えることは逆効果になることがあります。
神経の走行に沿ってぎっくり腰のリハビリは行うことが必要で、むやみな運動や強い刺激は神経がかえって興奮するようになって、症状が悪くなる場合があります。

整骨院のぎっくり腰の治療

イメージ写真

軽い初期の症状のぎっくり腰は、治療を正確に行うと早く回復します。ぎっくり腰は、大きな支障が歩行にある非常に辛いものです。
とにかく、早期改善を早い段階で目指すのがベストです。早期にいまはやし整骨院の手を借りて改善しましょう。

ぎっくり腰の検査方法

整骨院では、原因を正確な検査で見極めます。
症状経過と徒手検査から、どこに問題があるかを見極めします。
症状としては同じようなものでも、全く原因が違うこともあります。
正確な徒手検査と丁寧な問診を行います。

ぎっくり腰の場合は、検査方法としてはある程度決まったものが確立しています。
しかしこの検査方法さえも行わないで、症状のみを見て実際の原因を見逃す場合も多くあります。
いまはやし整骨院の施術は、段階を踏んだもので回復をしっかりと目指します。

ぎっくり腰の治療方法

ぎっくり腰は、施術を1回、2回行っても根本改善はできません。
楽に初めの症状はなりますが、段階を踏むことが根本的に再発予防、改善を行うためには大切です。

ぎっくり腰になるのはほとんどもともと股関節の動きが良くなかったり、腰痛があったりする場合です。いまはやし整骨院では股関節の動きを改善しながら、回復を的確な神経の走行に沿った施術で目指します。また腰痛がある場合は、骨盤の動きを「骨盤矯正」という骨盤の動きを改善するもので改善します

いまはやし整骨院 タップして電話をかける お問い合わせ いまはやし整骨院