肘の痛み

肘の痛みについて

イメージ写真

野球・ゴルフ・テニスなどのスポーツをよく行なっている人や、重い荷物を運搬する仕事をしている人の場合は、肘の痛みが多くあります。

このような人は、繰り返して同じ動作を行なうことによって、過度に肘に対する負担がかかっています。
そのため、肘の痛みが出てきます。
少し難しい表現をすれば、過度の負担が筋肉の付着部にかかったため起きたものです。

肘の痛みによる弊害

肘の痛みがあるにも関わらず治療を適切に受けないで、仕事やスポーツを続けていれば、肘が使える範囲が狭くなったり、野球・ゴルフ・テニスなどのスポーツをする際に支障が出てきたりします。
また、肘の痛みの要因になっている動きを止めると、治療をしなくても肘の痛みが治ることもあります。
しかし、寒い冬のシーズンなどになれば、肘の痛みがまた起きてしまう場合も多くあるため、治療を適切に行なうようにしましょう。

肘の痛みに対するいまはやし整骨院の施術

イメージ写真

肘の痛みの症状の場合は、肘の痛みから緊張が周囲の筋肉にまで起きるので、痺れが全体の腕に出てしまいます。
この痺れによって、肘にさらに大きな負担がかかるため、しっかりと筋肉をほぐしていきます。
肘の痛みが使いすぎたことによって起きる場合は、スポーツなどをする回数を少なくしてもらうように指導しています。
また、肘の痛みを軽くするため、深部の筋にPNFという特殊な電気を当てます。

いまはやし整骨院 タップして電話をかける お問い合わせ いまはやし整骨院